オルオルワークショップ終了

オルオルワークショップに参加された皆様、

お疲れ様でした。遊園地わーい(嬉しい顔)

手違いで、控室に、スタジオアイアイの名前がない・・がく〜(落胆した顔)

から始まり、スタジオから出した3曲目のニウハオハオの演奏が、

途中で終わっちゃったがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)というような、アクシデントがあった、

忘れがたい会になったように思います。たらーっ(汗)わーい(嬉しい顔)

 

同じ歌詞を、3回歌ってもらうはずだったのが、

2回で終わってしまい、がく〜(落胆した顔)、何とか、河田先生に、途中からでも歌ってほしかったので、

できる限り、大きい声と、口を大きく動かして、目でもアピールしましたが、もうやだ〜(悲しい顔)

駄目でした・・・。

私は、フラで、あんなに、人に分かってもらおうと、アピールしたのは、

初めてだったかもしれません。モバQ

 

でも、みんな、どうしようと、思いながらも、踊りきれたので、

前のワイキキフラの教訓が生かせ、よかったです。グッド(上向き矢印)

 

本当にありがたいことに、もう一度踊りませんか?と声をかけて頂き、

次は、最初から、最後まで、演奏付きで気持ちよく踊ることができました。わーい(嬉しい顔)

 

今回のことで、改めて思ったのは、村上先生も、舞台袖から、

みんなに聞こえるように、とても大きい声で歌ってくださりましたが、

私も歌ったのですが、あんなに大きなホールでは、

2,3人が歌ったところで、バンドさんや、客席にいる人には、全然聞こえないんです。

踊っているメンバーみんなが、しっかり歌を歌っていれば、

もしかしたら、河田先生は、すぐに演奏を続けられたかもしれない。ちっ(怒った顔)

 

普段のレッスンで、ステップと手のムーブメントのことだけを考えるのではなく、

歌の意味を知って、しっかり、その意味が伝わるように、

表情をつけて、また声に出して歌えるように、練習しましょうね。手(グー)

普段からその癖をつけていれば、本番もできるはずなので、

少しずつでいいので、挑戦していきましょう。

 

とても、良い経験をさせて頂いた、オルオルでした。わーい(嬉しい顔)

もう、次々と、イベントが入ってきています。

朝晩と昼間の気温差が激しいので、体調管理には気をつけて下さいね。わーい(嬉しい顔)

mn