チチカカ湖のある プーノへ

チバイ温泉ツアーに 行ってる間に 

1日の夜のバスで チチカカ湖の プーノへ 出発することが決まっていました。

私たち2人が 了解すれば 旅行社 へ出向いて 発券してもらえる 段取りになっていました。

 

その行き方を すると Duniaさんが 帰ってくる手段が無いので

   私たち3人で 動かねば ならないことがく〜(落胆した顔)

 

私たちが チバイから帰ったのが 午後4時半くらいで

   ケイコさんは 今日は たくさん 歩いたから と 休んでいました眠い(睡眠)

 

私は 荷物を整理しなければならないので

陽子さんとDuniaさんとで 旅行社に 発券に 出向いていきました。

 

夜に Duniaさんの 叔父さんの お家で カレーを ご馳走になって 

 Duniaさんの家に帰って

さあ、今から 出発。 という時になって、

 

ケイコさんが

  「 私は 行かないわ。 もう寝る準備して 誘眠剤飲んだから。」

      と 言い出して、

 「エーっツ、 ウユニに 行きたいから 今まで 用心していたんと違うの?」

     と 言うと、

「ウユニには 明日出発でしょう? 旅行社には みんなで行ってきて 」

     と いう。

「 私たちが チバイに 行ってる間に ケイコさんが 今晩のバスで 出発することを

   決めたんでしょう? 旅行社には 陽子さんと Duniaさんが 夕方行ってきたよ。」

     と言うと、

「明日の 出発するのに なんで 町子さんが 荷物を 持ちまわってるのか

   不思議に 思ってた。 あす早い と 思ってたので、 荷物はできてる。」

     と、慌てて 出かけることになりました。

 

Duniaさんの 従姉妹が 車に乗せてくれたんだけど、

   アレキパの街中は 不案内のようで 一方通行を 逆走行 しようとしたり、

    何人にも 道を訪ねて、随分 遠かったように感じました。

 

バスターミナルに着いて、 搭乗手続きしようと した時に

   ケイコさんが 「 パスポート 置いてきたわ。」

   「エエッツexclamation×2

 

私たちが乗るバスは 22:00発で 1つ後に プーノに 行くバスは 11:15らしく

  それに 乗れますか?

  と 聞くと 満席なので 乗れません

 

始めに 個人ツアーで チチカカ湖へ 行こうとしていた タクシーで 追いかけるか?

色々 考えましたが、

とにかく 私たち2人は バスの出発時間に なってしまったので 時計 バスに乗りました。

 

バスに乗ってから 頂いたカレーが お腹の中で ちょっと具合悪い状態になってたので

  とにかく トイレに 行って お腹の中のものを 全部吐き出しました。

        しばらく すると 下痢。 

トイレに 行きやすいように 窓際の席と 陽子さんが座っていた 通路側の席を 替わってもらって・・

整腸剤と 下痢止めを 飲みました。

 

何時間か 走って

お腹の中のものを 全部吐き出した はずだったのに 

また ムカムカ してきたと思ったら ビニール袋を 取り出すのも 間に合わず

   薬を飲んだ 水が それ以上の量で 吹き出してきた。

 

朝6時着の 予定だったけど 5時に プーノに 着きました。

  あちこちから 到着するバス から 降りてきた 乗客たちを めがけて

旅行社の スタッフが チチカカ湖ツアーの 勧誘に まわってる。

 

私たちも いくつかの 旅行社から 声を かけられましたが、

  約束してるから と 断って・・・・・・・

 

大勢の人たちが 声かけられたツアーに 出かけたりして だんだんターミナルにいる人数が

 少なくなって・・・・・・・・7時ころに

ケイコさんが やってきました。

 私たちが バスに乗ってから ケイコさんは Duniaさんの 従姉妹に 乗せてもらって

  パスポートを 取りに帰ったそうです。

 

 その間、Duniaさんが 次の満席のバスに 一人乗せてくれるように 交渉してくれて・・・・・

        ひらめき1つ後のバスに 乗ることができた ようですひらめき

 

そして、ずっと 同じところに 座っているのを 不思議に思った ツアー会社の おばさんが

  また 声を かけてきた。

 

今まで 出会った人ごとに 声をかけ続けてきた陽子さん。

  ( 英語も 全然できないのに なんと ミーハーなちっ(怒った顔) と 快く思ってなかった私です)

 

その陽子さんが

「 こんな人に相手になったら あかんよ。 ろくなことない。」 と ツンっとしてる。

 

「エーっツ。 この人は いつまでも ここから動かない

         私たちのことを 心配してくれてるんだと 思うよ。」

 

と話してる時に また声をかけてきたので、

  「 8時に コロニアルツアー という 旅行会社の スタッフと 待ち合わせてます」

     と詳細を話すと、自分の名札を 見せて、

  「 うちは コロニアルツアーです。」 と言って 男性のスタッフを 連れてきて

     荷物を 事務所まで 運んでくれました。

 

それで チチカカ湖へ

   乗船待ちしてる時に

   ブラジルからきた という イケメン男性2人と 女性1人の グループを見つけて

   楽しそうに またチャラチャラ と 訳わからんことを 話してるがく〜(落胆した顔) 

   ( リマからクスコへ行く 空港の 手荷物検査で 

      あなたのポケットにあるもの と パスポート 全部 バックの中に 入れなさい

       into  the bag.  と 空港職員に 言われた時に

      「 ううん 私は スリーバッグよ 」 と 返事してた。

     聞こえてくる発音 を どうも 自分の知ってる 単語に 結びつけて

     それも 堂々と・・・・・・・ 立派と いおうか exclamation&question  

                あきれて あいた口が ふさがらない と いおうか exclamation&question

          爆弾 四六時中 そんな感じ で 疲れてしまう わ 爆弾

 

 

フローティングアイランド に 行くのには 大勢の人で 同じ船に 乗るのではなく

どうやら グループごと に 乗って (無駄なことするんだな〜 と 思ってましたが・・)

私たち3人だけ 大きな船に 乗せてもらいました。

 

フローティングアイランドに 着いて、浮島の造りを 説明してもらって

 魚は 釣れるので ポテトや野菜を 買いに行くお金が必要なので

 お土産ものを 買ってほしい。

 

グループ毎に 船に乗せるのは、四六時中目が届いてて、お金を 使わせるため

  だと 感じました。

同じ島の 違うお土産屋さんを 覗きに行こうとすると

 「 ジャポーン。 」 と 言って 呼び寄せる。

    ( 買い物する ところは 決められてるんだ・・・)

 

ここで お金を 使わないと 次の行程には 移らないんだ と 思ったので

  クッションカバーを 2枚買いました。

 

一人 15ドルで 原住民の ボートに 乗らないか? 10分くらいで 周りを 散策できる・・

バスに長時間乗って来て 気分が悪いので すみません

  と 断ると、 10ドルにするから・・・ としつこく勧誘してくるけど

  気分が悪いから と 再度断って・・・・・・

     

   ー(長音記号2)チチカカ湖は 写真で 見るだけで十分なところだと 思いましたー(長音記号2)

 

帰りの船は やっぱり気分が 悪かったので ほとんど眠ってました。

 岸に着くと、 陽子さんが

   「カメラ忘れてきた。多分 フローティングアイランド なので 連絡とって。」

       と、 日本語で 騒ぎ出したたらーっ(汗)たらーっ(汗)

 

チバイの温泉ツアーに 行った時も、 コカ茶を 頂いたところで バスに乗るなり

  「サングラス 落としてきた!! どうしよう?」

   といったので

 「 まだ バス出るまでに時間あるから 歩いたところ 見てくれば?」

   と 立ち上がったところで、ポトッと 落ちたちっ(怒った顔)

 

 「邪魔くさくても 決めたところに  いちいち しまわないと わからなくなるよモバQ

 

「フローティングアイランド とは 連絡取ることができない。」

  と 言われて、

「そんなことないでしょう。 あなたは しょっちゅう 行ってるんだから。」

   と 日本語で 反論するがく〜(落胆した顔)

 

「連絡とれない と 言ってるのには きっとそれなりに 訳があるから

   落としたのが カメラで まだ良かった と 思うべきかもよ」

 

もし 見つかったら、 しばらくアレキパの友人の家に 滞在してるので・・・・

   と、 Duniaさんんの 電話番号を メモして 渡してきました

         バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印) きっと 見つかりっこ ないでしょう バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

 

お昼ご飯何か 食べますか? と ツアー会社の スタッフが 言ってくれたのですが、

 「やっぱり 気分が悪いので 要りません。」

 

次に ラパスへと 移動するバスに乗るには まだ 時間があったので

バスの発車時間の 30分前に ツアー会社の人と 待ち合わせることに して

バスターミナルの2Fの レストランで ゆっくりしました。

 

チバイツアーに 行った時に 行程のわかる 小冊子を もらったので

アレキパからプーノ チチカカ湖、 ラパスへと向かうツアーの 行程表 もらってない?

と 旅行会社で このツアーを 決めてきた 

   ケイコさんに たずねても 何も もらってないようでした。

 

これから先、バスで ボリビアに入って 私たちは、入国審査を 受けている間に

バスは 移動して私たちを 待ってる。

入国審査 を 受けた後に 歩いて 国境を越えて 待ってるバスに乗る。

          それだけは 聞いてたんだけど・・・・・

 

情報が 全く無いので 

バスに乗る前に ラパスは 終点ですか? と尋ねると、

   そうです。 (終点まで バスに乗ってれば いいんだ)

ラパスには 何時頃つきますか?

   21時ころです。 (7時間は かかるんだ)

 

    遊園地 ホントに 無謀な 冒険旅行 です 遊園地

 

わかってるのは ただ それだけの 情報でした