信州3日目

10月14日(土)

朝、 ポツポツ と 残っていた 雨 でしたが、

とにかく 高ぼっち高原へ 行ってみようと タクシー車(RV) で 動きました。

高ぼっち とは だいだらぼっち あるいは でいらぼっち などと呼ばれる巨人が、

腰を降ろして一休みしたところ という 説とかあって、

ボッチ とは アイヌ語で 巨人とか巨大の 意味があって、高い山あるいは大きな山という意味だそうです。

       がく〜(落胆した顔) なんで 信州で アイヌ語 がく〜(落胆した顔)

 

山道を 登り始めると 立ち込めている霧が だんだん濃くなってきて

視界が悪く すぐそばの 木立の様子も 見えない状況になってきました霧

 

途中で 引き返して りんご狩りや ワイン工場に 行こうか?

という 話にも なりましたが、

 せっかく来たのだから 上の 展望台まで 行ってみよう手(グー)

 

パノラマ展望台に 設置された 石の標識には ずーと 見渡せる先の山がわかるように

名前が 彫り込んで ありましたが、

2メートル先も 見えないほどの 霧でした。

 

仕方ないので 帰ろう と した時に さ〜っと 視界が 開けて 高ボッチ山頂上への

散策道が 見えてきました。

せっかくなので そこまで 歩いて・・・・・ お天気が良いと その展望台からは

諏訪湖、そして 富士山を 見ることが できるようです。

 

けっこう強い風が 雲を流して・・・・所々、雲の合間から 見える青空曇り

   きっと 向こうは 晴れてるに違いない ムード

 

そんな景色を しばらく楽しんで、散策道を 降り始めると

今まで見ていた 反対側 の 雲に 覆われた遥か向こう側に 雲の合間から頂上の姿を表す峰々ネット

と 思いきや 又、流れてきた雲が それを阻んでしまうちっ(怒った顔)

 

一瞬ですが、

「 アッツ あれが 槍ヶ岳exclamation」 とか 「アッツ あれは穂高exclamation 」 とか

     「あのあたりは 妙高あたりかな〜exclamation 」

 

      台風 そんな 繰り返しを 楽しみました 台風

 

スッキリと 晴れてれば 言うことないんだけど・・・・・・・

  こんな 景色見るのも 滅多に ないかも と 言いきかせて・・・・・・・

 

        手(グー) きっと 又 お天気のいい時に 訪れたい 手(グー)

               グッド(上向き矢印) 宿題 グッド(上向き矢印)

 

高ボッチ 降りるときには 登りの時に 見ることのできなかった あたりの景色

   カラマツの林 や 紅葉を始めた 木々 の 様子が はっきりしていました ぴかぴか(新しい)

 

りんご狩りや ぶどう狩り の 出来るところで タクシーを 降ろしてもらって。

 

ぶどう狩り の 料金は 色々な種類の ぶどうが あって 

ぶどうの種類によって 値段が 違ってる。

 

2000円 とか の ものも ありましたが、 私たちは ナイアガラ という 

ここでしか ない という 種類の ぶどう狩り を しました。

    ナイアガラは 650円でした。

 

食べたことなかった ナイアガラ。 けっこう美味しかったので お土産にも少しexclamation×2

 

その農園に 荷物置かせてもらって そこから 歩いて行けるという ワイン工場へ

たくさんの 種類の ジュースや ワイン 試飲バー させてもらいました。

 

塩尻駅に着いて

15時9分発の 特急しなの電車 の 時間待ち 

駅構内で 遅めの お昼に お蕎麦を 食べましたが、 

昨日 松本城のそばで食べたお蕎麦が あまりに 美味しかったので

     ちょっと がっかり 失恋 でした

 

今回 訪れることができなかった 白馬ですが 又、それも 宿題 モバQ

 

次々 臨機応変 予定変えて 動くのも けっこう 楽しい 旅でしたわーい(嬉しい顔) 

 

宿泊するところも 予約しなくて 当日探して という 旅は もっと楽しいかもよがく〜(落胆した顔)

なんてことを 言うexclamation×2

学生時代に リュック担いで ヨーロッパを 回ってきた という 松川さん。

     猫 それは やめてよね 猫